2008年05月07日

お花の活け込み

玄海本店のお花は、
草月流の澤田晃映(佳与子)先生に
お願いしています。

搶Sg.jpg澤田先生は剣山を使わずに
木と木を組み合わせてバランスをとり
ダイナミックに活け込みます。

}.jpg
今回は、2階の踊り場に
「朴の木」を
大胆かつ細やかに。。。



       朴咲いて
          山の眉目の
        ひらきけり   きくち つねこ

      山の表情は季節ごとにに変わる。山腹に朴の花が見える初夏の山は、
      凛々しい目鼻立ちの青年のように溌剌としている。


朴の花は、「大きな空間に息づく命を象徴する」とも称されていて、
凜とした力強く大きな白い花を咲かせます。

Ol.jpg

作品と澤田先生をかこみながら、
写真右が
アシスタントの藤田厚津子さん
左が、本店の日野原高瀬さん

玄海にお越しの節は
四季折々に景色を彩る「活け花」も
是非、お楽しみください。

                                     【ブログ内検索用:沢田佳与子】 written by 落合徳幸



posted by 水たき 玄海 at 18:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いつもながら、素晴らしいお花のアレンジ♪

活け込みだけのギャラリー・ページがあっても良いのでは?
なんて思うほど、毎回素敵です。(^o^)/"
Posted by 蘭蘭 at 2008年05月09日 14:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14716046

この記事へのトラックバック