2008年04月08日

お茶の稽古

当店では、毎週火曜日に従業員教育の一環として
「お茶の稽古」を行っています。

大日本茶道学会の本部から
高須先生と沖山先生にお越しいただき、
調理場や座敷係のために、お茶のお稽古をはじめ
客席(お座敷)での立ち居振る舞い、うつわの扱い方などを
教えていただいております。


本日のお稽古より  ※写真をクリックすると拡大されます。

sa_1.jpg

写真中央が高須先生


sa_2.jpg

写真中央が沖山先生


私も、お茶の心得をと時間の許すかぎり
お稽古に参加しています。
お茶とあわせて花園饅頭の美味しい御菓子を
いただくことがお稽古の楽しみでもあって・・・

毎回、四季折々、季節感あふれる御菓子で、
今回は「桜の花」があしらわれていました。

sa_4.jpg


お茶の世界では、11月から半年の間「炉」を使い
5月からの半年は「風炉」の季節となります。

寒い冬の間は、少しでも火の暖かさを
お客様に近づける工夫をし「炉」を切ります。
暑い夏の頃には、反対に少しでも火を遠ざける為に
お客様に一番遠い位置に「風炉釜」をおきます。

なるほど!
おもてなしの心、先人の知恵ですね。。。


本店2階の茶室。
もうじき新緑の五月。「初風炉の季節」となります。

sa_3.jpg

今月末までは、畳を切ってしつらえた「炉」に釜が
置かれています。〈写真左下〉
written by 落合徳幸



posted by 水たき 玄海 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13766898

この記事へのトラックバック